滴生舎だより

Tekiseisha, the craftmen Blog

2020.07.20

うるしかき

漆掻きシーズン本番、突入しています!

無駄のない軽快な動きとリズムで、巧みに道具を使いこなして仕事を進めるケンちゃんこと

鈴木健司氏。

よくブログでも登場しますが

浄法寺町で、自ら採った漆でこだわりある漆器を作る、漆掻き職人兼塗師です。

漆掻きの様子を少し見学させてもらいました。

「おれ、木を愛してるから。」

いつものようにちょっぴりおどけて話すケンちゃん。

ウルシノキにキズをつける、その手元はいたってソフト。

いたわりの心だけではない、木のことを理解しているからこそ。

天候や環境、その木の反応を見定めながら

皮のはぎ方、キズの付け方、ヘラづかいを微妙に調整しています。

漆とは、ウルシノキの樹液。

人間と同じように一本一本、木には個性があります。

また同じ木でも採る時期やその採り方によって、漆の質は変わります。

一度にたくさん採ろうと無理をすれば、木が弱って枯れてしまうことも。

いかに多くいい漆を採るかは、体力や根気はもちろんですが

木を生かしながら採る、繊細な技術と見極めが重要だと言われています。

 

「今日はこんだけ採れたよ〜」

仕事終わりに、うれしそうに持ってきて見せてくれました。

貴重ないのちのしずく。

そして

早朝に山に入り、1日に数十本から百本の木と向き合う

漆掻き職人。

いつも近くにいるのだけれど、私にとっては聖域のような

まだまだそばにあって遠い存在です。

鈴木健司氏のHPはこちら↓

https://kenji-urushi.com/

塗り部屋U

《前の記事》2020/07/19

三浦春馬様

昨日突然入ってきた訃報。 何が起こっているのかわかりませんでした。 信じたくありません。   全国の伝統工芸品を紹介する連載で、3年前に浄法寺まで来てくださいました。...続きを読む