滴生舎だより

Tekiseisha, the craftmen Blog

2018.07.02

8月に滴生舎にてイベントやります!

蒸し暑い日が続いています。

浄法寺で6月に寝苦しい夜を経験するなんて、

この先ちょっと思いやられます。

 

でもね、バテてなんていられませんよ。

只今、楽しみなイベントを計画中です。

 

この夏なんと

omotoとjokogumo が滴生舎にやってきます。

 

omotoは、

漆掻き道具作りも手がける鍛冶師の鈴木康人さんと、

去年8月に滴生舎で柿渋ワークショップをして下さった

布作家の鈴木智子さんによる夫婦ユニット。

omoto↓

http://www.nunototetsu.com

 

現在本屋さんで購入できるおしゃれな雑誌「nice things.」で

お二人が綴る言葉、作品を見ることができますよ。

 

 

 

 

jokogumoは、

熱い心で物を選び人に伝える店主による東京・神楽坂のお店で、

過去に何度も滴生舎の展示会を神楽坂で企画して下さいました。

jokogumo↓

http://www.jokogumo.jp

記憶に新しい、今年開催した「使う漆と知る漆」展

 

 

 

 
会期はズバリ

8月11日(土)〜19日(日)のお盆またぎ。

 

滴生舎のいつもの漆器に加えて、

他の素材の、丁寧に作られた物たちを見ることができそうですよ。

そしてそして、

漆塗りの体験、柿渋染めの体験コーナーも予定しております。

少しずつ内容をお知らせしていきますので、

どうぞお楽しみに。

 

色々予定のある時期とは思いますが、

浄法寺近隣の方々はもちろん、

お盆で帰省される方、

旅行で近くまでいらっしゃる予定のある方、

是非是非この機会に足をお運び下さいませ!

《前の記事》2018/06/11

小さな花が咲きました。

毎年この時期に、楽しみにしていることがあります。 それは、漆の花。 滴生舎の漆の木につぼみが付いてからは、毎日まだかなぁと観察。 そしてとうとう咲き始めました!! みなさん見た...続きを読む

《次の記事》2018/07/11

8月の展示会の中身は・・・

前回予告しました8月の展示会は、題して 「くらしの中の 布と鉄、そして漆」   鍛冶屋と布作家の夫婦ユニットomoto の仕事を おふたりの仲間たちとともに紹...続きを読む