おしらせ

news

活動状況の紹介

漆の林づくりサポート事業

株式会社岩手銀行

2018.11.17

・「いわぎん漆の郷」へのウルシ苗木の植栽が行われました

11月13日、市立浄法寺中学校2年生により「いわぎん漆の郷」(二戸市下斗米地内)へのウルシ苗木植栽活動が行われました。

 

今回は、市と「漆の林づくりパートナー協定」を締結する株式会社岩手銀行の主催により、「漆の林づくりサポート事業」の一環として開催されたもので、昨年に続き2回目の植栽活動となります。

 

参加した浄法寺中学校の生徒は、将来立派に育った漆の木から採れた漆が全国の文化財修復に使われることを期待し、50本のウルシ苗木を協力して植えました。

 

昨年と今年で植栽されたウルシ苗木は、今後市と株式会社岩手銀行で協力しながら保育・管理を進め、将来の漆原木の確保につなげていきます。

2017.11.20

・「いわぎん漆の郷」でウルシ苗木の植栽が行われました

11月13日、二戸市下斗米の「いわぎん漆の郷」において、浄法寺中学校の2年生36人によりウルシ苗木50本が植栽されました。

 

今回の植栽は、市の漆の林づくりサポート事業第1号である岩手銀行の主催で行われ、15年後漆掻きができる木に育つよう、保育管理についても、岩手銀行の協力や中学生の自然学習として行われるものです。

 

来年度は、さらに50本を植栽する予定で、企業の協力により漆林づくりを行い、浄法寺漆の安定供給に向けた取り組みを行うことができました。

 

 

 (中学生が植栽にチャレンジ!)

(みんなで植栽しました!)

 

 

2017.09.26

・二戸市と岩手銀行との漆の林づくりパートナー協定を締結しました

 二戸市では民間企業等と協力して漆の林の整備、管理・保全活動を実施する「漆の林づくりサポート事業」を展開します。平成29年9月25日、本事業の第1号として、株式会社岩手銀行と本事業のパートナー協定を結びました。

二戸市と株式会社岩手銀行とは、平成26年7月に「連携協力に関する協定」、平成28年12月、「地方創生の連携に関する協定」を締結し、地域の活性化や公民連携によるまちづくりに取り組んでいます。今回のパートナー協定は、その一環として実現しました。

岩手銀行では、市が貸与した下斗米地区の緑地に、100本のウルシ原木を植栽、「いわぎん漆の郷(さと)」と命名し、保全管理を行ないます。

国産漆の需要の高まりに二戸市と企業が連携して応え、漆文化を支えていきます。