滴生舎だより

Tekiseisha, the craftmen Blog

2019.01.14

2019年もよろしくお願いいたします。

かなり出遅れましたが、明けましておめでとうございます。

 

早速ですが、

おとなのおしゃれ手帖特別編集「民藝のある暮らし かご、南部鉄器、漆器」

という雑誌に載せていただきました。

 

滴生舎の浄漆椀に岩手の郷土料理、「ひっつみ」が盛られています。

「ひっつみ」とは、小麦粉をこねたものを薄く伸ばして入れた醬油ベースの汁物。

鶏肉と季節の野菜もたくさん入っていて、テンションが上がっちゃうメニューのひとつです。

この雑誌にはなんと、作り方も一緒に載っています。

ぜひ作ってみてください!!

漆の器で食べるとより一層おいしさが増しますよ!!

 

「私がたどり着いた民藝品」というページでは、岩舘隆さんの片口も登場。

いろいろな手仕事の日用品が載っていて、あれもこれも気になっちゃいます。

漆の器だけではなく経年変化を楽しんだり、直しながらずっと使う。

大切に使いたいものがあるということは素敵だなと思います。

滴生舎の器もそうあってほしい。

2019年も、バタバタしながらも真面目に作っていこうと思いますので、

どうぞよろしくお願いいたします!

 

塗り部屋 P

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《前の記事》2018/12/28

2018年もありがとうございました。

2018年、残りわずかですね。 早いような、やっとのような。 少し前まで展示会が続き大忙しだったので、落ち着いた師走のように感じてしまっています。 とは言え、仕事納めの今日のうちにア...続きを読む

《次の記事》2019/02/08

最近のこと。

ここ最近は、黙々と作業の日々です。 塗ったり研いだり、精製したり。   精製の様子。   生漆に熱を加え、水分を飛ばすとキレイな飴色に...続きを読む