滴生舎だより

Tekiseisha, the craftmen Blog

2019.03.28

「滴生舎祭 2019 暮らしのイイモノ」展についてのお知らせ。

5月3日㈮~5月5日㈰の3日間開催する「滴生舎祭2019」

今回のイベントでは

滴生舎メンバーがお薦めする作り手さんを紹介。

こちらの販売は、4月27日㈯~5月5日㈰まで「暮らしのイイモノ」展と題して滴生舎内で行います。

岩手県ではゴールデンウィークの滴生舎でしか見られないものもありますよー。

紹介してくれるメンバーからのお薦めポイントを聞きました。

 

アトリエPOPPO(ポッポ)

 

塗り部屋の馬場真樹子がお薦めする

アトリエPOPPOは、本田ゆうすけさんとすずきひろみさんの夫婦ユニット。

栃木県那須塩原市に工房を構え、モビールなどの金工作品を手がけています。

モビールは、空間でゆらりゆらりとバランスを取りながら目を楽しませてくれるアイテムです。

ゆったりとした動きは、赤ちゃんにとっても興味深いようで、贈り物にもおすすめです。

(紹介者 馬場の自宅でも、我が子が4ヶ月位から真剣に見つめて楽しんでいます。)

やさしいモチーフと自然な色味で、POPPOの世界観を感じてください。

今回はモビール、器、スプーン、ブローチなどが出品予定です。

 

アトリエPOPPO ブログ ↓

http://poppo-yusuke.jugem.jp/

 

 

entomo(エントモ)

 

塗り部屋の馬場真樹子がお薦めするentomoは、

山形県山形市に工房を構える金工作家です。

entomoのアクセサリーは、シンプルだけどクール過ぎず、手作業の優しさが適度に残る、そんな心地よいデザインが魅力的。

服装が軽くなっていくこれからの季節に、程よい存在感です。

真鍮(しんちゅう)という素材のラインナップが多いのも特徴です。

真鍮は時間の経過とともに艶や色味が変化しやすいのですが、そこがまた味となる楽しみがあります。

今回はブローチやリング、ピアス・イヤリングなどが出品予定です。

 

entomo インスタグラム ↓

https://www.instagram.com/tomomienno/

 

 

柳工業デザイン研究会

 

お店担当の今村有希がお薦めする

柳工業デザイン研究会のYグラスは、

日本を代表するプロダクトデザイナー柳宗理が1966年にデザインしたグラスです。昨年、東京で最も古い硝子メーカー廣田硝子から復刻されました。デザインの特徴である一列に並んだつぶつぶは、滑り止めの役割も果たしています。廣田硝子さんの心意気と職人さんの技術に支えられ、復刻が叶いました。これからの季節にぴったりな、涼しげなグラスはいかがですか。

 

柳工業デザイン研究会 ホームページ ↓

https://yanagi-design.or.jp/

 

 

ヨシタ手工業デザイン室

 

お店担当の今村有希がお薦めする

ヨシタ手工業デザイン室のラウンドバーシリーズ、トリップウェアは、

プロダクトデザイナー吉田守孝さん(ヨシタ手工業デザイン室)は、柳宗理に師事した後独立され、「手で触れ五感に感じること」「手を動かし道具や素材との対話からの気づき」を大切にデザインされています。

ラウンドバーシリーズは、手に優しい丸みをおびたステンレスのラウンドバー材を曲げ加工してできたキッチンツールです。ピーラーやナベシキを販売予定。

トリップウェアは、今の暮らしから考えられた、食器としても保存容器としても使える器です。トリップウェアは限りある資源を大切にするため、陶磁器のリサイクル材が使用されています。毎日の生活を豊かにする道具と器、是非ご覧ください。

 

ヨシタ手工業デザイン室 ホームページ ↓

http://www.yoshitadesign.com/

 

 

陶房 遊

 

 

塗り部屋の田村良子がお薦めする

愛媛県伊予郡砥部町に工房を構える窯元、陶房 遊は、

松田さんご夫婦とスタッフの方々で制作されています。

砥部焼の伝統的な「白磁に呉須(藍色)の染付」の手法で作られており、手で一枚一枚描かれる模様は植物・水玉・線など多種多様。

仕事に対し真面目で研究熱心。

でもちょっとオチャメな旦那さん(妻夫木聡似?)と、優しく気配り上手な奥さん(心の中では”姐さん”と呼んでいる)が作り出す器は、使う人のことを良く考えて作られており、しっかり安定感があり使いやすく、モダンで現代の食生活にも合う器です。

キレイな濃い藍色も特徴。

紹介者 田村の食卓では、漆器の次に登場回数の多い器です。

 

 

陶房 遊 facebook ↓

https://www.facebook.com/toubouyuu

 

 

温かくなってきた季節の、心地良い風で揺れるモビール、

春(初夏?)の野菜などが映える器や道具、サイダーが飲みたくなるグラス、さりげなくキラッと光るアクセサリー。

どれも欲しくなっちゃう…。

漆器とも合わせやすいものばかりなので、いろいろな組み合わせを楽しんでください!!

 

ホームページやSNSを添付させていただいたので、見てみてくださいね。

 

塗り部屋 P

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《前の記事》2019/03/25

「滴生舎祭 2019」体験についてのお知らせ。

  前回のブログでもお知らせしましたが、 5月3日㈮~5月5日㈰ の3日間、「滴生舎祭 2019」を開催いたします!! 漆にまつわるいろいろな体験ができたり、おいし...続きを読む

《次の記事》2019/04/05

「滴生舎祭 2019」 漆器で味わう、おいしい日のお知らせ

ほんのりあたたかさを感じ始める、5月のお昼時。 家族と友達と、おいしいものを漆器でのんびり味わう。 そんなGWはいかがでしょう。     5月3日㈮~5月5日...続きを読む