City Brand Promotion in NY

2014年

二戸市 2度目の挑戦
~「にのへシティフェア in ニューヨーク 2014」 開催~

2014年

岩手県二戸市は、昨年に引き続き今年も、10月3日(金)から同月6日(月)にかけ、藤原淳市長を代表とする総勢18名がニューヨークを訪れ、「にのへシティフェア in ニューヨーク2014」を実施した。今回は、この同フェアについて報告する。

1 「にのへシティフェア in ニューヨーク 2014」

 人口約3万人の二戸市は、国産漆の日本一の生産地であり、国内の生産量の約8割を占めている。また、浄法寺漆は、良質な漆として知られ、世界遺産に登録されている京都金閣寺、中尊寺金色堂、日光東照宮など、日本の代表的な文化財建造物の保存にも重要な役割を果たしている。

 今回は、にのへブランドの二本柱である「地酒(南部美人)」と「漆器(浄法寺漆器)」に、二戸市の食材(米、肉等)も前面に押し出して、オール二戸でフェアを開催した。このフェアは、以下の5つのイベントから構成されている。

【イベント】

  • ・二戸市レストランフェア オープニングレセプション
  • ・二戸市レストランフェア
  • ・二戸市ジャーニー・イン・ニューヨーク
  • ・「The Art of Japanese Urushi & Sake Tasting」セミナー/ワークショップ
  • ・漆(小)セミナー

2 二戸市レストランフェア オープニングレセプション

 10月3日(金)18時から、レストラン「EN Japanese Brasserie」において、草賀純男ニューヨーク総領事・大使を始めとした関係者30数名を招待し、オープニングレセプションを行った。

 レセプションでは、「南部美人」が招待者に振舞われ、また、二戸市を代表する「いわて短角和牛」のステーキや、「南部せんべい」を利用した創作料理など、二戸市の食材をふんだんに使用した贅沢な料理が用意された。

 会場は、漆器の説明に耳を傾けながら、お酒や料理を堪能する招待客で、大いに盛り上がった。

二戸市レストランフェア オープニングレセプション 二戸市レストランフェア オープニングレセプション

3 二戸市レストランフェア

 ニューヨーク市内の3カ所のレストランにおいて、期間限定[10月3日(金)〜10月5日(日)]で「南部美人」・「二戸産短角牛」、米など二戸市の素材を使い、各レストランのシェフが考案したプロモーションメニューを、実際に浄法寺漆器を使って提供した。ニューヨークで最も予約の取れないレストランの一つとして知られる「Kyo Ya」では、一日限定12食の懐石コース(お酒と料理込み一人$200、税金及びサービス料は別)がカウンター席にて振舞われた。他の2店舗においても、期間中は、二戸市の特別メニューを頼まれる方が多数おり、盛況に終わった。

【会場(3箇所)】

  • ・EN Japanese Brasserie (435 Hudson Street)
  • ・Kyo Ya (94 E 7th St)
  • ・sakamai(157Ludlow st)
二戸市レストランフェア

4 二戸市ジャーニー・イン・ニューヨーク

 10月4日(土)10時から17時まで、イベント会場である「Metropolitan Pavilion」において、共同貿易が開催するレストランショーにブースを設け、二戸市の物産品のPRを行った。今年で21回目となるこのレストランショーは、日本食品・食材、レストラン用の備品などを販売する数多くの企業が出展し、毎年、ニューヨークを中心とする米国北東部のレストラン関係者を中心に賑わっている。

二戸市ジャーニー・イン・ニューヨーク

 会場では、バーカウンターでの「南部美人」の漆器による試飲や、ラウンジエリアで、漆器のレクチャーや映像によるプレゼンテーションが行われた。このように、地方自治体が単独でブース出展することは、過去にもあまり例がなく、真新しい二戸市のブースへ、レストラン関係者や招待客らが多数訪れていた。

二戸市ジャーニー・イン・ニューヨーク

5 「The Art of Japanese Urushi & Sake Tasting」セミナー/ワークショップ

 10月6日(月)18時から、ジャパン・ソサエティーにおいて、漆のセミナーを行い、日本の漆の紹介やその価値等についてプレゼンテーションを行った。プレゼンテーション後に行われた質疑応答では、漆の説明を初めて聞いた方などから沢山手が挙がるなど、漆への関心の高さが感じられた。

 その後、20時からは別会場にて、「南部美人」の試飲会のほか、漆器塗り、金継ぎの実演等が行われた。実際に、漆器塗りを実演した二戸市滴生舎の小田島さんも、現地の方に取り囲まれながらの作業に、最初は緊張した面持ちであったが、多数寄せられる質問に笑顔で丁寧に答えていた。実演に大変感動された方も多く、大いに手応えも感じられたようである。そのほか、日本から訪れたメディアが、漆と漆器に焦点を当てた取材を行っていた。

 今回、初めて漆器作りの実演をイベントに取り込んだが、実際の作業を生で見せることで、漆器の価値を直に伝えることが出来たため、非常に効果的な取り組みとなった。

「The Art of Japanese Urushi & Sake Tasting」セミナー/ワークショップ 「The Art of Japanese Urushi & Sake Tasting」セミナー/ワークショップ 「The Art of Japanese Urushi & Sake Tasting」セミナー/ワークショップ

6 小さなまちの大きな挑戦、第二弾

 世界の中心と言われるニューヨークに「にのへブランド」を売り出し、地域産業の活性化を図るため、行政と民間企業がタイアップして昨年度から始まったこの事業であるが、今年度は、より実践的にかつ今後を見据えたイベントが実施された。「南部美人」というニューヨークにおいても知名度のあるお酒を上手く利用することで、「二戸市」及び「浄法寺漆器」の知名度向上も図ることが出来た。しかし、酒や漆器のイベントは、ニューヨークでも各自治体が競って実施しており、二戸市としても、このようなイベントの継続はもちろんのこと、常に新たな発想を持って進化をしていく必要があると感じる。また、アメリカの方に、二戸市の魅力を伝えていくためには、地道な活動も不可欠である。

 二戸市の3カ年事業は、来年度で最終年度を迎えるが、これからの1年間、どのように進化を遂げ、そして来年度は、どのような成果を生み出すのか、当事務所としても見守りつつ、そして出来る限りの応援をしていきたい。

CLAIRより
松重所長補佐 岩手県派遣