おしらせ

news

2018.12.28

お知らせ

「浄法寺漆」の地理的表示(GI)登録について

 

この度、「浄法寺漆」が農林水産省の「地理的表示(GI)保護制度」に登録されました。

 

これは、岩手県浄法寺漆生産組合が登録申請を行っていたもので、特定農林水産物等の名称の保護に関する法律に基づき、平成30年12月27日に登録となりました。

 

今回のGI登録により、輸入漆や国内他産地の漆と明確に差別化が図られることで、「浄法寺漆」ブランドの振興や保護が図られることが期待されます。

 

○登録番号 第73号
○登録年月日 平成30年12月27日
○名称 浄法寺漆
○登録生産者団体 岩手県浄法寺漆生産組合
○登録産品の特性 透明度、硬化時間、粘度などに対して豊富なバリエーションを有するとともに、耐久性にも優れている漆である。
○その他 2019年生産分より、本登録に基づく出荷を予定。

 

※ 地理的表示(GI)保護制度
地域で育まれた伝統と特性を有する農林水産物・食品のうち、品質等の特性が産地と結び付いており、その結び付きを特定できるような名称(地理的表示)が付されているものについて、その地理的表示を知的財産として国に登録することができる制度。
(農林水産省HP 「地理的表示保護制度の御案内」より引用)

 

登録状況については、農林水産省のホームページをご覧ください。

《ひとつ前のお知らせ》

2018.12.07

お知らせ

滴生舎 年末年始の休業について