おしらせ

news

2017.11.20

「いわぎん漆の郷」でウルシ苗木の植栽が行われました

11月13日、二戸市下斗米の「いわぎん漆の郷」において、浄法寺中学校の2年生36人によりウルシ苗木50本が植栽されました。

 

今回の植栽は、市の漆の林づくりサポート事業第1号である岩手銀行の主催で行われ、15年後漆掻きができる木に育つよう、保育管理についても、岩手銀行の協力や中学生の自然学習として行われるものです。

 

来年度は、さらに50本を植栽する予定で、企業の協力により漆林づくりを行い、浄法寺漆の安定供給に向けた取り組みを行うことができました。

 

 

 (中学生が植栽にチャレンジ!)

(みんなで植栽しました!)

 

 

《ひとつ前のお知らせ》

2017.11.10

「滴生舎」臨時店舗をオープンします