滴生舎だより

Tekiseisha, the craftmen Blog

2019.10.23

第41回 浄法寺漆共進会

6月から始まった漆掻きも、そろそろ終わりに近づいて、、

2019年10月20日

第41回『浄法寺漆 共進会』がめでたく開催されました!

 

突然ですが、はじめまして。

今回初めてブログをつづらせていただきます、塗り部屋のUです。

去年浄法寺に移住して、2年目。まだまだ勉強不足で拙い文章ですが、どうぞお付き合いください。

それではさっそく、先日行われた浄法寺漆共進会について。

 

--<じょうぼうじうるし きょうしんかい>----------

漆掻き職人が集まり

その年に一滴一滴大切に集めた、これぞという漆を樽で出品

浄法寺漆に長年関わりのある専門家によって表彰される

年に一度の生漆(木から採取したままのうるし)の品評会です

------------------------------

 

国産漆は採取する時期によって質が変わるとされ、

初(はつ)・盛(さかり)・末(すえ)の3部門に分けられています。

今年は30数名が参加し、総勢87樽が一堂に並べられました。

誰が採取したものか分からないように番号で表されています。

 

漆掻き職人は、早朝から夕方まで森に入り

天気をうかがいながら1本1本の木と向き合っています。

単独で動いていることがほとんどなので、

ベテランの職人や研修生が集まるこのような機会は貴重。

ともにすすむと書く「共進会」の名の通り、競い合ったり評価をもらうことが目的ではなく

一緒に意識と技術を高めあって、発展していこうといった気合いが背景に感じられます。

 

私たち、滴生舎の塗師も毎年お手伝いさせていただいています。

会場の出入りは自由で、全国からこの日のために来てくださる方も。

ぐるりと見渡すと業種や世代を超えた様々な顔ぶれで

挨拶を交わしたり、質問をしたり。

会場は緊張というより活き活きとした雰囲気です。

 

蓋紙をひらいて、のぞいてみると、ふわり漆の豊かな表情が。

 

「酸味のあるチョコレートみたいな香りがする」 「色が違っていておもしろいね」

近くで見学されている方からも色々な声が聞こえてきます。

 

漆の性格や顔つきは、人間と同じように

育った環境、生まれもった素質によって左右されます。

また同じ木でも、その年の気候、傷のつけ方、掻き方、仕立て方、道具の扱い、保存方法によっても微妙に変化していきます。

評価の基準には、色や香り・粘り・のびのよさ・沈殿物・乾きなどがあり、部門ごとの特徴にあったものが賞に選ばれるようです。

 

実のところ目視だけではわからない点もあります。

塗りの現場では、乾きをチェックしたり実際に使ってみて、性質を見極めながら仕事をすすめていかなければいけません。

 

原料となる生きものに寄り添うこと。

多くの人に支えられて成り立っていること。

 

難しさをかみしめて、修行の日々は続きます。

なんとも奥深い漆の世界。

興味のある方は是非、来年のぞいてみてはいかがでしょうか。

 

今年もみんなでぱちり。

漆掻きの仕事は、最後の傷となる裏目漆と呼ばれるものや

掻き終わった木の伐採作業へと続きます。

どうかお怪我などありませんように、無事を祈りつつ。

ひとまず、おつかれさまでした。

 

塗り部屋 U

《前の記事》2019/10/17

浄法寺漆のふるさと「二戸」を味わう会のお知らせ

10月16日㈬~10月29日㈫まで松屋銀座で『いわてのうるし 浄法寺漆』展が開催中です。   期間中は塗師が会場におりますので、お気軽に声かけてくださいね。 お待ち...続きを読む

《次の記事》2019/11/03

「いわてのうるし 浄法寺漆」展 終了しました。

10月16日~29日まで 松屋銀座で開催された「いわてのうるし 浄法寺漆」展が無事に終了いたしました。   今回、松屋さんでは初めて 佐々木暢子さんを講師にワークシ...続きを読む