滴生舎だより

Tekiseisha, the craftmen Blog

  • LINEで送る

2022.05.27

忍ばせるうるし

漆器の使い心地の虜になると、今度はいかに登場場面を増やすか…なんて考えになったりします。

実際、ピクニックやキャンプなどに、ささっとハンカチでまとめた漆器を持って行ったりしても楽しめます。

 

でも、小さな盃なんかは、欲を言えばおしゃれな包みに入れて、カバンに忍ばせて…

美味しい日本酒がいただけるお店に行くのもいいな

それを相棒に旅に出るのも素敵

そんな思いを巡らせながら

密かに商品開発をしておりました。

それも、縫製のプロ「二戸ファッションセンター」と一緒に。

 

 

「盃きんちゃく」と「盃テトラ」

 

 

 

 

「二戸ファッションセンター」は二戸市内の縫製場。

確かな技術で有名ブランドの縫製を手掛けています。

この地が世界のファッションシーンに繋がっているなんて、ドキドキします。

 

作業場を見せていただきました。

無駄なく動く職人さんの手。

鳴り響くミシンの音。

空気感から活気が伝わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

「こんなのあったらいいな」

が、地元で出来上がるなんて、贅沢。

 

GWではたくさんのお客様に見ていただき、手にとってくださるお客様は、それぞれ「タグが決め手」とか、「ぐい呑入れて持ち歩きたい」「カバンの中の小物入れにする」とアイディアを膨らませながらニコニコ。それを聞いて私たちもワクワクニコニコ。

 

漆であれ布であれ、自分たちが手をかけた商品を通して、こういう笑顔の連鎖ができるのが幸せです。

 

実はこの商品、出来上がったのは1年以上前。本当はすぐにでもご紹介したかったのですが、「せっかくなら沢山の方に見ていただける機会に」と時をうかがっているいるうちに、今年のGWとなってしまいました。おかげさまで、この箱入り娘は沢山の方から「かわいい!」と声をかけていただき、ほっとしております。

 

我々のリクエストに丁寧に応えてくださった二戸ファッションセンターさん、ありがとうございました!!

 

さてさて、

良い季節になってきたことだし、漆器を忍ばせて、どこか行きたいなぁ

 

 

記 塗部屋のM

  • LINEで送る

《前の記事》2022/05/12

10日間のおわん展を終えました

8日をもちまして、GW企画「おわん展」を終了いたしました。 来てくださった皆さま、お問い合わせくださった皆さま、ありがとうございました。   たくさんのお客様にご来店いただ...続きを読む