滴生舎だより

Tekiseisha, the craftmen Blog

2017.05.19

浄法寺の片口

昔からあって、でもどこか新鮮な存在 「片口(かたくち)」   お酒などを注ぐために、片方に口がある器です。 全国的に昔から使われてきていますが、 漆器の片口だけ...続きを読む

2017.05.10

10年後の森のために

昔から浄法寺の周辺地域では、種から苗を作り、漆の木を育ててきています。   植えた木から樹液が取れるまでには約15年。 手をかけて育てる木ですが、ワンシーズンで樹液を取り尽...続きを読む

2017.04.27

浄法寺漆の動画

今回は、最近撮影していただいた動画をご紹介します。 滴生舎では写真や動画の撮影を、写真家の奥山淳志さんにお願いしています。   ・奥山淳志・ 1995〜1998年 東京で出版...続きを読む

2017.04.19

「こぶくら」のお話

  桜のつぼみも少しずつ膨らみ、浄法寺にもやっと春がやってきました! ゴールデンウィークには丁度お花見ができそうな予感がします。   そしてお花見といえば・...続きを読む

2017.03.31

「滴生舎だより」浄法寺漆のブログをはじめました

ご存知の方もはじめましての方も、皆さんこんにちは。 滴生舎です。   私たちは岩手県二戸市浄法寺町の「御山」にて、浄法寺漆のうつわや漆芸品を展示販売し、また隣接の工房にて、...続きを読む